ネットショップ開業には要注意

起業する方たちの多くは、都会での起業そして成功を夢見てきましたが、時代はそうではありません。

交通網が整備され、ネット環境も良くなり、地方での企業でも何ら問題なく事業が出来るようになりました。

ただ気になるのが実店舗を持たないネットショップが急増したことです。

確かに地方でもネットショップは、誰もが簡単にオープンできる時代です。

しかし、成功者は多くはありません。

その最大の理由は、ネットショップを提供する事業者だけが利益を上げて、そこに参加するショップの利益を保証してくれないからです。

言い方が悪いですが、ネットショップの場所の提供、ショップの作成、商品の提供と、ネットショップを開業、維持するためのノウハウ、商品等は有償にて提供してくれますが、売上が確保出来るまでの保証は一切ありません。

つまり素人には成功の道はないと言っても過言ではありません。

実店舗を有して、さらに業績アップのためにネットショップと連携してという事なら、ある意味効果が得られます。

何処に効果が得られるかというと「実店舗」の方です。

実店舗があるという安心感、実店舗に行かなくても見慣れた商品がネット上からオーダーできると言う利便性という相乗効果をもたらしてくれます。

残念ながらネットショップ単独では、思うような効果は得られていないのが実情です。

それなのになぜネットショップを始めようという人が後を絶たないのでしょうか?

あるネットショップでは、ショッピングサイトはもちろんの事、取り扱う商品の提供、つまり卸もやってくれるという事業者がいます。

つまり、素人でも仕入れの心配もなく、ネットショップが開業できるという売り込みで一攫千金(どうしてそう思ってしまうのかは不思議ですが。。)を狙って始めてしまう方が多いと聞きます。

ネットショップの仕組みはどうなっているのでしょうか?

Yahoo!や楽天、Amazonと大手のショッピングサイトがありますが、仮にそのサイトにネットショップが開業できたとしても、開業出来ただけで、取扱商品が売れる訳ではありません。

売れるか、売れないかはネットショップで取り扱う商品にもよりますが、各ショップでの宣伝広告力が売上を左右することになります。

もし、これからネットショップを検討されているのでしたら、ショッピングサイトを提供する事業者が儲かる仕組みになっていて、ネットショップを行う事業者は、維持、売上確保にはかなりの労力と資金が必要になる事を覚悟しなければなりません。

安易に「誰でも始められるネットショップ」という言葉は鵜呑みにしないでください。

といってもピンと来ませんよね。

では、もし自分がある商品を購入したいと思った時どうやって探しますか?

もちろん一流メーカーで名の知れた商品でしたらネット検索で誰もがその欲しい商品へたどり着くことが出来ます。

しかし、たどり着いたそこには大変な数のショップが同じ商品を取り扱っていて、ショップ毎に価格が違っていたり、発送までの日数が違っていたり、付帯するサービスが違っていたりして迷ってしまうこともたびたびです。

そうしながらも検索結果に表示された1ページ目を閲覧して、次ページ以降は見もしないという方が多くおります。

あなたは全て見ることが出来ますか?

というように自分が購入する立場になって分かると思いますが、検索結果の上位に表示されなければ「売れない」という事が分かると思います。

では上位表示するにはどうすれば良いのでしょうか?

もちろん自分と努力でも可能な事もありますが、やはりお金を出して依頼するほかありません。

あっ、済みません。

これからネットショップを開業しているという方には気の毒な話ですよね。

でもこれが実情です。

ネットショップだけで成功するには、素人感覚では無理があります。

よほどあなただけが持っている黙っていても売れる優れた商品がない限り難しいです。

それこそ寝る間もないくらい、様々なSNSを活用して宣伝をし、購入を促し、購入まで持って行けるネットショップ持っていれば話は別です。

それでも労力の対価としては厳しいかもしれません。

これからネットショップを考える人は

まず、何を売るのかを決めなければなりません。

そして、それを誰に売るのかを決めなければなりません。

単独でネットショップを立ち上げるのか、それとも大手のショッピングサイトを利用してネットショップを始めるのかを決めなければなりません。

と大雑把に書きましたが、独自商品と一般的な商品では販売方法も違ってきます。

決済方法も前払いなのか、代引きなのか、銀行振込なのか、クレジット決済は出来るのかどうかなど、決めなければならないことは多義に渡ります。

よどほ根性を据えないとオープンまでたどり着けないかもしれません。

まずは、しっかりと調査し、オープできたとしてのシミュレーションもしっかり行う必要があります。

既にネットショップをオープンしていて売上に悩んでいる方にお薦めな宣伝広告の手段はダイレクトメールです。

検索してヒットしないなら、こちらからサイトのURLを知らせましょう!

そのためには住所録は必要となりますが、DMデータ販売では常時650業種を直ぐにダウンロード出来るように、最新、最安でご用意しております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です