マスク会食はなぜ求められる?

マスク会食が求められる最大の理由は「飛沫防止」のためです。

かといってマスクを付けたり、外したりは皆が口を揃えて言うように面倒です。

マスク以外に会食時の飛沫防止策は本当にないのでしょうか?

感染症専門医の先生方は飛沫防止という意味ではハンカチ等を使って食べ物を口に入れるときは口元からハンカチを外し、他咀嚼時や会話中はハンカチで口元を押さえる事で飛沫防止になるという意見も出されています。

それなら「マスク会食」ではなく「ハンカチ会食」でも良いのでは?

具体的に実効性の上がる手法としてはどちらが多くの賛同を受け、感染症防止の効果が上がるのを検証しても良いのではないではないでしょうか?

絶対「マスク会食」は具体的な根拠のない勝手な良い分にしか聞こえないのは、いままで数値化された説明がされていないのはもちろん一方的な言い分だからです。

「マスク会食」と「ハンカチ会食」がほぼ同じ効果なら、敷居のひくい「ハンカチ会食」の方がより多くの方に実行していただけるのではないでしょうか?

政府もそろそろ専門家の先生の意見を十分に聞き入れた、実効性のある対策を示したらどうでしょうか?

どんなに素晴らしい言葉で繕っても、実行していただけないなら戯言にしかなりません。
日本には世界一のスパコン「富岳」があります。

「マスク会食」と「ハンカチ会食」の飛沫防止効果がどれくらいの差が生じ、もしやり方によって「ハンカチ会食」の方が実効性が高くなるという数値が出るならその結果を公表いただきたいものです。

ただ「マスク会食」にしても「ハンカチ会食」にしても、そのルールを守らなくては効果はゼロということは同じです。

誰もが飛沫防止対策をしながら会食出来る手法を検討するべきです。

何も検討にないで誰かが言い始めた「マスク会食」だけを取り上げるのはどうなのだろうか?

ましてやその「マスク会食」はとても面倒な方法です。

あっ、そうか会食するなと言う事なんですね。

何てことだ!

注意:これは個人的な意見です。専門家の先生の意見を聞いて下さい。

 

令和三年度を気持ち良くスタートさせよう

まだまだ先の見えないコロナ禍にあって、なかなか上手く商売が出来る状況下にないことは重々承知しています。

しかし、先を見据えて事業展開をしていかなければここで終わってしまいます。

しっかりと、目標を立て直し、計画を練り直してでも一歩一歩先へ進んでいきましょう。

DMデータ販売で従来の全国業種別事業者住所録データのダウンロード販売を行っておりますが、ご購入のお客様の中には最新のデータを活用したいという事で四半期毎に住所録データをご購入される方もおられます。

最新のデータを1年を通してお使いいただけるように、サブスクリプションでの住所録データ販売を模索してきました。

もちろん住所録データでのサブスクリプションは初めての試みで他の住所録販売事業者でも行っておりません。

そこで次の条件での実施を検討し実際に始めることにしました。

1.一度の購入で1年を通して最新版更新のタイミングでいつでも何度でもダウンロード出来る事。

一度の購入で400日間(1年365日+35日)でいつ購入しても確実に12回の最新住所録データをダウンロードいただけるようにしました。

2.価格は最安である事。

通常の1回限りの購入では1件1円で販売を行っておりますが、通常他業者の場合最低でも1件3円~20円前後(もちろんもっと高額なものもあります。)です。
そこで1件1円×12回更新データとして1件12円となりますが、4半期に1回購入のケースが多く見られますので1件3円として1年を通して最新のデータを利用していただこうとしました。よって年12回最新販売購入いただくとして1件0.25円換算となります。

3.対象は毎月更新される業種である事。

現在毎月更新を実施している業種が198業種となっております。よって対象を198業種を対象として販売を行います。

4.更新日の確認。

対象業種を一覧表示し、毎月の更新日と更新日の新しい件数と価格を表示させる事で明示します。
また、実際にダウンロードする場合、ダウンロードボタンにバージョンとして更新日を表示させます。

5.DMデータ販売とどちらも同じ事業所が販売を行いますが、サブスクリプション住所録販売は「サブスクリプションDMデータ販売」としてドメインを「dm-data.biz」を利用し、会員登録もサブスクリプション専用として登録をお願い致します。また、新規会員登録時に1,000ポイントを付与させて頂いております。もちろん通常の付与ポイントも住所録データ価格の5%をポイントとして還元させていただきます。よって次回の住所録データ購入時は5%割引での購入が可能です。

この新しいサブスクリプションでの住所録データの販売は本日より最新のデータで販売を実施しております。ぜひご検討下さい。

住所録データのDMデータ販売
https://dm-data.jp

サブスクリプションDMデータ販売
https://www.dm-data.biz

 

そろそろ数値化して下さい

日々新型コロナウイルス感染者数は発表されるものの、どうしたら感染防止を防げるのか、その対応の経過なり、結果を数値化してみんなが頑張れるように表していただきたいですね。

明確な目標値があると人々は頑張れるものです!

曖昧な言葉では挫折するどころか嫌気する感じる事があります。

政府は「なぜ感染者が減少しないのか?」「なぜ人出が減らないのか?」「対策は間違っていないのか?」をしっかり分析、数値化し、数値で目標値を発表し国民全体での対策意識を持たないと減少傾向までにもっていく事は出来ないのではないでしょうか?

増減の繰り返しでは、経済は根底から立て直しが聞かない状況になりかねません。

最近よく耳に、目にする「マンボウ」?まん延防止等重点措置は根本的な感染者を減らす事ができるのでしょうか?

かえって不満を募らせ感染者増加に転じることはないのだろうか?

すべてに「?」がついて回る。

これでは安心した生活は出来ないし、不安が募るばかりです。

今政府が行っている新型コロナウイルス感染症対策はきちんと数値かして国民に伝えることはできなのでしょうか?

もし、出来ないとすれば何もやっていないことに等しいのかもしれません。

行き当たりばったりの対策では、根本的な問題解決は難しいです。

何かと言えば「専門家の先生たちに相談して・・・」自分たちのこうしたい、こう言う方向性で「専門家の先生たちにとりまとめ、数値化していただいてる」とは言えないのでしょうか?

かりにそうしたことをやっていても、言葉にして、数値化して国民に発表しなければやっていないことと同じです。

この1年、事業者や国民にばかり制約を設け、根本的な解決策を見いだせていない責任は誰にあるのでしょうか?

先送りの「ワクチン頼み」で延ばしてきた結果なのだろうか?

お粗末すぎます。

そのワクチンも自由にならない状況下でこの先心配ですね。

と、愚痴を言ってばかりもいられないので、私たちは私たちで出来る感染予防策を行い、政府には1日も早い感染終息に向かって最大限の行動をしていただきたいです。

 

積極的な営業をダイレクトメールで

このところ増加傾向にある新型コロナウイルス感染者数ですが、気になるのは急激な増加拡大です。

春の陽気に気も緩み、人出も急激に増加し、効果的な感染拡大の防止策も見えず増加拡大を防ぐ手段が見えないようにも思えます。

しかし、その中でもまもなく令和2年度の事業年度も終了を迎え、来週には令和3年度のスタートとなります。

常に感染拡大を気にしながら仕事を続けていく必要があります。

新型コロナウイルス感染症は人との接触による飛沫感染が一番危惧されています。それならその接触を極力少なくした営業を行っていく必要があります。

以前から「スーパー営業マン」として「ダイレクトメール」が利用されてきています。

一度に全国に優秀な営業マンを派遣出来るに等しいダイレクトメールの効果は優れたものです。

ネットショッピングを展開している事業所でも、1枚のハガキを全国に配布する事で多数のアクセス数を打ち出し、合わせて売上も伸びたと言う話はよく聞きます。

ターゲットを絞った、届けたい人に届けられるダイレクトメールは、不特定多数を相手にした、いや不特定多数を対象にしか出来ない、言い換えれば届けたい人を特定できないダイレクトメール以外の宣伝手段ではなかなか効果が得られない事を、確実にダイレクトメールは素晴らしい結果を出してくれます。

今しばらく続くコロナ禍においては、距離感を持ったダイレクトメールはとても歓迎されており、今まで以上の効果を上げています。

【始めようダイレクトメール】

1.誰にどんな情報を提供するのか?

2.その誰とは?

3.その情報とは?

4.ハガキで出す?封書で出す?

5.その内容の詳細は?

6.自分で作成、業者に依頼?

7.予想結果は?

8.いつ出す?

といったように手順良く、きちんとした目標を持って始める事できちんと結果を返してくれるダイレクトメールは優秀な営業マンと同じ、いやそれ以上の効果をもたらしてくれます。

立派なデザインも、綺麗な言葉も必要はありません。

気持ちを精いっぱい伝えましょう!

是非、ダイレクトメールにチャレンジして、令和3年度を実のある年度にしましょう。

 

こんな話信じられますか?

1年前ネットショップで衣料品の販売を始めたそうです。

でも売れるのは月数万円といいます。

売れない一番の原因は、ショップへのアクセス件数が少ないこととは分かっていたようです。

でもいろいろとSEO対策はしてみたものの一向にアクセス数も上がらず、当然ながら売上も上がりません。

ネットショップの場合はかなりのアクセス数があってもなかなか売上には繋がらないものです。

とにかくどんなに良い商品を販売しても、どんなに安価な価格設定にしてもショップを見て貰えなくてはその良さ、安さも伝わりません。

そこで「ダイレクトメール」をやってみようと思ったそうです。

予算の都合上、「ハガキ」でとにかくショッピングサイトを見てもらうだけのシンプルな内容にしたそうです。

ハガキだと、そう多くは文言も組み込まれませんから、目的を単一にする事はとても良いことだと思います。

とにかく50万円の予算を組み約5,000通のハガキを発送したそうです。

発送した翌日に、通常のサイトアクセス数が50人前後だったのが100人に、そして1週間後には平均して1,200人のアクセスが発生するようになったそうです。この一週間で最大アクセス数は1日1,856人には驚いたそうです。

今まで多くの時間をかけ、いろんな事をやってきても効果が上がらず、たった一枚のハガキの影響がこれほどまでに大きいとは信じられない気持だといいます。

肝心の売上ですが、ダイレクトメールを発送した一週間で約17万円ほどあったそうです。

もちろん商品お届けの際には、次回購入に繋がる「とっておき情報」を同封したといいます。(これは無料で出来るダイレクトメールという意味では鉄則ですね。)

この一週間でダイレクトメールの費用を回収するほどではなかったけど、この後が楽しみだと言います。

今までどんなことをしても月数万円しか売上がなかったのが、たった一回のダイレクトメールで通常月の5売の売上が、それもたった一週間でという事でした。

特に件数が多い衣料品関連のネットショップにあっては、なかなか自分のショップにたどり着いてもらえないという事は多くのネットショップ経営者が感じ取っていることと思います。

策を講じれば講じるほど出費がからみ、どんどん経費ばかりが増えているのが現状でしょう。

今回の例のように、「自分のネットショップを知ってもらいたい」という一念で、ネットショップを記載したハガキを送付したことで訪問者を増やし、売上を増やすことが出来ました。

ここでもダイレクトメールの確実性が証明されたようです。

「検索」してもらえないなら、こちらからその場所を届けることでせっかく作ったネットショッピングサイトを見てもらうことが出来るのです。

サイトに人が来ない、来なければ売れない、それなら確実にサイトの場所を知ってもらおうという単純行動が良い結果を生んでくれます。

いくらデジタル化の社会でネットを利用した商売が優れているといっても、やはり宣伝効果という店では「ダイレクトメール」には叶わないようです。

ダイレクトメールの最大の良さは、届けたい人に確実に届けることができると言う事です。

これは一例に過ぎませんが、ダイレクトメールで効果を上げたという方はたくさんおります。

皆さんもこの厳しい状況下でダイレクトメールを試してみてはいかがでしょうか。

躊躇している時間が勿体ないです。

直ぐにでもダイレクトメールで、届けたい人に、確実に情報を届けましょう。

 

3月、4月は人が一番動く時期

例年なら3月の卒業などで多くの人が動きます。

卒業にかかる式やパーティ、旅行などたくさんの方が動きます。

上京に向けての引っ越し先をきめたり、引っ越したり。

早ければ花見もあります。

4月と言えば、入学、入社、転勤とお祝いを兼ねた人の動きが活発になります。

こうした状況下でのダイレクトメールも増加する時期でもあります。

しかし、このコロナ禍では制限があります。

かといってとどまることも出来ず、きちんと感染症対策をしっかりやって最低限の行動は必要になってきます。

人の動きに制限はあっても、「動き」を除いた他の部分には例年と同じ、いや新たな仕組みだったり、ルールが出来て、そのための新たな商品等が必要になってきてもいます。

環境が変わればその環境に即した商品が開発され、販売もされたりします。

結局今年の3月、4月もそのお知らせをダイレクトメールに委ねる事業所は多く、例年より増えてもいます。

このコロナ禍にあっては極力無駄は避けたいと思う気持ちは皆同じで、ダイレクトメールを使って確実に情報を届けようという表れがダイレクトメールの増加に繋がっているようです。

ある意味人の動きをダイレクトメールが一部担ってくれているのかもしれません。

そのダイレクトメールも一般的な商品等の販売もそうですが、事業所と事業所間の新たな事業展開を提案するダイレクトメールも増加しており、互いの不得手をカバーしたり、同業者であっても協業する事でさらに事業規模を拡大できたりと、それぞれの業種において新たな試みがどんどん増えているようです。

直接訪問は迷惑がられたり、敬遠されがちですが、アプローチをダイレクトメールに委ね、打ち合わせをリモートで行ったり、実際の取引はWebサイトを活用したりと新たな仕組みが確立されつつあります。

こうした時代の流れに遅れを取らないように、今できること、今しか出来ないことをきっちりと見極め、なるべく早期に対応する事が求められています。

さぁ、あなたの事業所は今日何をしますか?

 

異業種との連携が拡大中

今実施している事業内容でどうしても不得手な事ってあるかと思います。

その不得手を克服するために、巨額を投資したり、教育を行ってもなかなか改善されるものではありません。

その増えて部門を、他の事業者と連携してみてはいかがでしょうか?

それは実績のある同業との連携であったも良し、全く違った業種でもそのノウハウをしっかりと持っていれば相当な効果を得ることができます。

時代は、全て自社でまかなわなくても良い時代で、競争に勝つためにはスマート化して経営が望まれています。

これはひとつの事業所の危機管理と言っても過言ではありません。

大手企業が分業化を行って経営自体をシンプルにスマート化して、一社での負担を軽減し、より動きやすくしていきました。

さらに能力が高く、低価格で利用出来るなら同一グループに発注しなくても、まったく新しい取引先に依頼するのも業績を上げる役割を担っています。

こうして危険負担率を分散化することで、効率的に利益を生み、業績を伸ばすことが出来ます。

今このコロナ禍で困っている中で、一番困っていることを他業者に委ねられることはありませんか?

もしそれが出来る事で業績改善が出来るのなら、躊躇なく実施する事も生き残るためには必要な事かもしれません。

考えて見ませんが同業者や異業種との連携。

 

気をつけようナビダイヤル(0570)への通話

良く電話をかける方は、各キャリアの定額サービスをご利用しているのではないでしょうか?

この定額サービスの除外通話ですが、一般的には

・国際ローミング・国際電話(海外への通話)
・留守番電話センターへの通話料(再生等1416)
・着信転送サービスにおける転送先への通話料
・番号案内
・SMS送信
などですが

・ナビダイヤル(0570)
・テレドーム(0180)
も有料となっています。

このナビダイヤルは平日昼間の場合は3分間143円(税込)がかかります。

料金がかかるタイミングは
携帯・スマホから発信した場合、画面上に「通話中」と表示されたタイミングから通話料が発生するそうです。
事前料金通知ガイダンス(ナビダイヤルでおつなぎします。●●秒ごとに、およそ●●円でご利用頂けます)が流れた後から通話料が発生します。

この料金は複雑で、設置されて事業者の契約状況によって時間帯、距離等(固定電話からの利用の場合)によって料金が決まってくるようです。

興味のある方は、ナビダイヤルを提供しているNTTComunicationsのホームページなどを参照下さい。

いずれにしても定額サービスに契約したからと言って全ての通話が含まれていません。

発信先が一般的な携帯電話や会社等の固定電話(一般的な番号)の場合は全て定額サービスの範囲かとは思いますが、キャリアによって特定の固定電話等への対象外が指定されたりしていますので、各キャリアのホームページをご覧下さい。

0570(ナビダイヤル)を、無料通話の0120(フリーダイヤル)と同じと勘違いしている方もいるようです。特にメーカー等のサポートや修理、相談窓口等にナビダイヤルが多くなっておりますのでぜひ0570への通話には気をつけましょう。

さらなる予防策強化が必要

首都圏の新型コロナウイルス感染者は下げ止まり状況が続き、リバウンド現象も危ぶまれます。

その上に「コロナ変異種株」の増加が全国的に増加している事にも注意が必要となってきています。

特にこの変異種については、感染率が高いこと、重症化しやすいそれも若者に多いというデータも出ているようです。

今までのように若者の「若いから大丈夫」は通用しなくなるようです。

この変異種については、専門家の中でも現在の対策では抑えきれないという方もおり、単なる緊急事態宣言だけでは意味がないと言う意見も出ているようです。

ということは、益々状況は悪い方向に向かう可能性が出てきました。

ワクチン投与についても、国内に入ってくるワクチン量も予定より遅れたり、変異種への効き目なども不明な点もはっきりと出ていません。

とにかく私たちは、今までの感染予防対策をさらに強化する必要が出てきています。

マスクをしていても、もっと距離を保たなければならないという専門家もいて、感染予防対策の見直し、新たな告知をしなければならないのではと感じます。

私たちは、今まで以上にこのコロナ変異種への情報を得て、現在の生活をどうすれば良いのかを考える必要がありそうです。

ご商売をされている方は、今までの距離感を持った対応をそのまま継続する必要があり、テレワークの標準化なども推進されるのだろうと考えます。

まだまだ不明な点が多い新型コロナウイルス感染症ですが、きちんと正しい情報を得て、正しい対策をしっかり行えば、決して恐れることなく生活が出来るはずです。

そういう点から言えば、もっと政府においては、正確な情報と、正確な対策方法をきちんと国民に強い言葉で投げかけて欲しいです。

曖昧な言葉は決して状況を良い方向に向かわせることはありません。

 

東日本大震災から10年

未だにあの時の結構長く、大きな揺れは忘れていません。

2011年3月11日午後2時46分でしたね。

いつものように大きな揺れを感じ、いったいどのくらいの震度だったのだろうとテレビをつけ、しばらくすると目を疑うような津波の映像が映し出されました。

東京都内では、ガスの警報装置が作動し、解除しないとガスが使えなかったりしました。
夕方になるとコンビニから食料品が消え、道路を多くの人が歩き、その光景は深夜まで続きました。

東京から遠く離れた地域で発生した地震でしたが、東京でも今までにない光景を見ました。

当然ながら震源地に近い場所での被害の大きさは直ぐに予想できました。

時間を追って映し出される津波や火事や倒壊の状況が信じられないものばかりでした。

さらに原発事故のニュースには心痛みました。

この10年で復興は進んで来たのでしょうが、遠く離れて映像を見ていた私たちより、直接被害にあい、この10年で前を向き復興させてきた方々には本当に頭が下がりますし、勇気をもらう事が出来ました。

今このコロナ禍にあって、さらに困難な状況になっている方もおられると思いますが、どうか少しずつでも前に進まれることを祈っております。

改めて当時被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げると共に、いまだ避難を余儀なくされている方々へのお見舞いを申し上げます。

そして、自然災害にも十分に耐えうることが出来る環境がどんどん改善されていくことを願っています。

※なかなか直接被害に遭っていないだけに軽い言葉になってしまいますが、こうして節目節目で当時を振り返り、今後発生するだろう自然災害への警鐘になればと考えております。