次世代の営業

既に始まっているので次世代と言う言葉がふさわしいかどうかは疑問ですが、人と人との直截な対面を極力排除した営業が望まれています。

おそらく現状をみると、「新型コロナウイルス感染症」の終息は誰にも分からず、さらには今後出てくるであろう変異株、さらに新種のウイルスを前提に考えると、商習慣そのものの変化が求められています。

感染症の一番の脅威は「人と人の接触による感染拡大」です。

それなら人と人の接触を極力少なくした営業を今確立しておけば、今後新たなウイルスが出てきても今回のように慌てたり、右往左往する事も少なくなると思います。

今回のウイルス騒ぎで「営業」という点で注目されたのは「ダイレクトメール」と「ネットショップ」でした。

特に通販事業者は、過去に1度でも購入された方々に一斉に最新カタログの発送を始めました。勿論添付でのハガキでの受注を中心にしたものの用でしたが、やはりWeb注文が多かったようです。

つまりアナログな「ダイレクトメール」でカタログを発送する事で、対面営業をする事無く必要な情報をお客様に届けています。

受注においても「ネットショップ」での注文という事で、対面をなくしており、注文からお届けまでのサポートを全てネットで行っています。

このスタイルは全ての業種に共通してできる営業となります。

特にB to Bにおいては重要な要素となりそうです。

全国各地の事業者へ「ダイレクトメール」で初回挨拶を含めた情報を届ける事ができます。ダイレクトメールなので以前のように直接訪問の時間や交通費が節約できます。

実際の商談は、ネットツールを利用したリモート営業ができます。

互いの顔を見合わせてという事もこのツールを活用する事で相手の表情を伺いながらの従来の営業も可能です。

さらに商品情報や発送情報を含めた顧客対応も全てネットで行う事が出来るので、今までアナログに人の手を煩わせてきた作業も軽減が可能です。

よってスマートな業務を実施する事も出来るようになります。

さらには今まで考えもつかなかった新しい事業の進め方が期待できます。

まずは1通のダイレクトメールからどう変化していくのかをひとつひとつ始めるのも良い方法かもしれません。

さぁ、新しい形の営業、事業を求めて今日からダイレクトメールを始めて見ませんか。

勿論、全国の事業者の住所録データは、DMデータ販売の「全国業種別事業者住所録データ」がお手伝い致します。

常に新しい、常に安価な、常に必要な時手に入る住所録データとしてご提供してまいります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です