いよいよ東京オリンピック開幕ですね

直前まで賛否が分かれている東京オリンピック開催ですが、とても複雑な気持ちでいっぱいです。

どうして今この状況下で実施しなければならないかと思う気持ちがあります。

いろんなしがらみがあるにせよ、本来のオリンピックの開催目的からすると開催はその目的から外れるのではないでしょうか?

スポーツ競技というよりはビジネス競技として、多くの団体の利益のために実施されるように感じられます。

といっても、明日開会式が実施され、既に昨日から一部の競技が始まっています。

今現在もオリンピック開催には反対の気持ちですが、参加する選手にとっては4年、いや今回は5年かけて目指してきたオリンピックです。

事故がなく、存分にそれぞれの選手の力が発揮できることを祈っています。

選手には罪はなく、純粋に競技を行う気持ちを尊重してあげたいと思います。

人それぞれ今回のオリンピックに思う気持ちはあるとは思いますが、精いっぱい参加する選手全員を応援してあげましょう。

また、このコロナ禍で開催されるオリンピックに参加したくても参加出来なかった多くの国々の多くの選手にはかける言葉もありません。

また安倍前首相を始め多くのスポンサー関係者も開会式を辞退するというニュースが伝わってきています。この事だけでも異常な事態でのオリンピックだという事が分かります。

8月8日の閉会式まで、試合クラスターも発生する事無く、無事競技が終了し、それぞれの選手が自国へ無事帰国されることを願います。

戻りが少なく効果的と御礼がきました!

年に何度か「戻りが多かった」というお叱りを受けることがあります。

残念ながら戻りゼロは保証することが出来ません。

極端な話、今日廃業してしまったデータが反映されるのは一番早くても来月の更新時期となります。件数の多い業種の場合、それなりの戻りを考慮して下さい。

件数が多くても、開業及び廃業が少ない業種は意外と数ヶ月経っても戻り件数が少なかったりします。

もし気になる方は、購入希望する住所録データの前回からの増減数を参考にして下さい。
あくまでも目安として下さい。

仮に「-50件」となっていても、開業業者50件で、廃業事業者100件でも-50件で、開業事業者10件で、廃業事業者60件でも-50件です。

しかし、他の事業者との大きな違いは、定期的に1ヶ月、最大でも3ヶ月毎にデータ更新を行っていることです。件数の多い業種の場合はほぼ毎月なので、他事業者よりは戻り件数がすくないと思います。

よく勘違いされている方は、「とある事業者より住所録データを購入したばかりで、ダイレクトメールを発送したら信じられない位の戻りがあった。」と聞くことがあります。

ここで問題が2点あります。

最近購入したらと言ってデータ内容が最新とは限りません。特に名簿屋さんと言われる住所録データ販売の場合、事前に購入した名簿からお客様のご要望に応じたデータをピックアップして住所録データを作成したりします。そのためいつ作成され、いつ現在の名簿が元になっているかが重要です。

次に信じられない位の戻りとありますが、信じられない数の基準はあくまでも発送者の基準となり、10件戻りでも信じられないと思う方もいます。また総数の10%くらいを超えない限り信じられない戻りと思わない方もいます。

そこで住所録データを購入してダイレクトメールを発送する場合は、戻りの許容数を決めておく必要がありますが、基準はデータが何時のデータかが重要です。

1年以上前なら10%前後の戻りが発生する場合もあります。

少なくても数%の戻りを予測しておいて、その数より少なかったら良しとして、それ以上ならデータの購入を含めて見直す必要があります。

こう言う状況下で

感謝の言葉も頂いております。

「先日購入した住所録データは予想外に戻りも少なく、結果も大変良かったです。再度購入させていただきます。」という御礼は本当に頑張る力をもらえます。

ネット上から収集している住所録データですから内容は最新ですが、一部放置されているデータもあります。今後は少しでも制度を上げられる工夫をしていきたいと考えています。

その中でもリピーターの方々がDMデータ販売を支えてくれていることにはとても感謝しています。

気になる事がありましたら、いつでもお問い合わせ下さい。

 

 

美容院の繁忙期と閑散期

美容院の繁忙期は3月~4月、7月~8月、12月末~1月初旬と言われています。

3月と言えば卒業式や卒園式など、美容院が必要とされるイベントがたくさんあります。
もうひとつは季節の変わり目という事もありそうです。

7月~8月は夏休みやお盆休みなどのイベントがあります。

12月末~1月初旬もクリスマス、年末年始、成人式と多くのイベントがあります。

こうしたイベントに合わせて美容院を利用される方が多いため繁忙期に繋がっているようです。

では、閑散期はというと2月、5月、9月~11月と言われています。
つまり繁忙期の前後で、イベントも少ない月でもあるようです。

現在のように新型コロナウイルス感染症が心配な時期は、例年と違って通年繁忙期はなくなっているようですが、あるとすれば緊急事態宣言解除後、まん延防止等重点措置解除後に若干の繁忙期があるようです。

特に間近で接客する美容院では、いろいろと感染防止策を講じているお店が多いようです。

それぞれのお店が工夫をしながら施術を行い、少なくとも固定客の維持に苦慮しています。

美容院と言えば、開業資金が少なく済むため独立をする方が多い業種でもありますが、短期間で固定客を確保出来るかどうかが開業後継続経営ができるかの鍵を握っています。

女性が美容院を利用する回数は年平均約4.5回、1回の利用金額が約6,600円という調査結果もあるようですが、それぞれの開業条件にもよりますが仮に家賃・光熱費・人件費合計月額50万円とした場合、1人の固定客で1年で売上が可能な金額と言えば、年4.5回×1回につき6,600円=29,700円となります。

よって1年の固定費600万円を売り上げるためには202人の固定客が必要となります。

借りる店舗や、従業員の数などにより数値は変化がありますが、結構大変な業種のひとつとも言えます。

1人の客単価を上げるため、化粧品などを中心に、健康食品等を販売しているお店などもあるようです。

コロナに負けるな!

美容業界の方々の頑張りを応援しています。

 

知らないで損していることってありますよね

良い商品が安く購入出来るサイトを知らなかったり

その商品を上手に便利に使う事を知らなかったり

おいしい食べ方を知らなかったり

など

たくさん私たちの生活の中で「知らない」事で損している事ってたくさんあるように感じます。

かと言ってきっと役に立つだろうという前提で色々知識を詰め込むことも出来ないし、ではどうすれば良いのでしょうか?

その「知らない」って事は、偶然に目にした、聞いたという事が多いと思いますが、その目にした、聞いた時にメモしておくと便利ですね。

さらに「ちょっと損してたな」とか、「驚いた」という事は、さらに調べてみると案外もっと便利なことに繋がったりもします。

つまり、「知らなかった」そして「損していた」と感じたときにもっと掘り下げて知識とし身につけるという方法なら、ひとつひとつ無理なく自分の知識として積み重なっていくかもしれませんね。

現在の生活環境の中では、いつでもスマホが身近にあり、メモを取ることも簡単にできるようになっています。

メモといっても文字だけではなく、音声でメモったり、写真を撮っておいたりとかなり便利になっています。

いや、便利すぎて多くのメモから必要な事項を取り出せずにいることも多くあるのかもしれません。

とすれば一概にメモをすることが、「知らない」を少しでも無くす手段でもなさそうです。

多くのデータ、情報から必要なデータ、情報を取り出す事も身につける必要もありそうですね。

皆さんは「知らない」を少しでも「知っている」に変える方法をどうやって実現していますか?

単に語句を調べたりするなら辞典を使えば事は足りますが、活用方法はどうしても誰かが研究した結果とか、経験した結果が重要になってきます。

それが「知っている」事で得する事になります。

私の場合は、知らなかった、知っていればもっと便利という事を目にしたら、まずメモを取ります。

そのメモを元にネット等で調べてみます。

その結果「なるほど」と思ったことをまとめておきます。

必要なら情報が掲載されているURLをメモしたり、簡単にまとめてみたりします。

ただ、この行動が結構あとあとまで頭に残っていたりします。

そうすることで、「えっ、以前に調べて見たことだ。」とか「調べた結果がまとめてある。」というように思い出したりもします。

こうして少しでも「知らなかった」事を「知っている」に変えたりしています。

これが社会生活から教わる「知識」ですね。

ただ、「知らなければ良かった」という事もあります。

少しでもこれから知らないで損したと言う事が無いように、出来る事から「知らなかった」を減らすと楽しくなりますよ。

 

7月、8月、10月は祝日にご注意

今年も早いもので折り返しとなりました。

昨年11月末に可決された特別措置法改正案により、7月、8月、10月の祝日が変更になります。これは東京オリンピック開催による変更となります。しかし、仮にオリンピックが中止となっても法改正が無い限り以下の予定となります。

7月は
本来なら17日(土)、18日(日)、19日(月)海の日の3連休でしたが、

19日の海の日が22日(木)に移動されます。

また、翌日の23日(金)に10月の第二月曜日スポーツの日が移動してきます。

よって、22日、23日、24日、25日と4連休になります。

 

8月は
11日の山の日が、オリンピックの閉会式のある8日へ移動されますが、日曜日なので翌日の9日が振替休日となります。

 

10月は
11日のスポーツの日が7月23日に移動したため、10月は連休なしとなります。

 

ご注意下さい。

 

ポイント付与について

いつもご利用頂きありがとうございます。

DMデータ販売では、初めて会員登録された方には100ポイントを付与させて頂いております。

勿論、初めての住所録データにお使いいただけます。

DMデータ販売のポイント付与は、リピーターの方々への感謝を込めたポイント制度です。

住所録データご購入価格の5%を還元させていただいております。

ポイント付与のタイミングは、クレジット決済の場合は、決済後直ぐに付与されます。

銀行振込の場合は、入金確認メール送付のタイミングで付与されます。

是非、次回住所録データのご購入時にポイントを活用下さい。

1ポイント、1円でご利用可能です。

DMデータ販売は、多くのリピーターの皆様によって成り立っているくらいリピーターの方々へ感謝申し上げております。

引き続きご利用をお待ち申し上げております。

 

毎月の増減数の謎

ある住所録データの件数が今月は12,568件だったとします。

先月の住所録データ件数はというと12,582件でした。

この数値から見ると前月より14件減少したという事になります。

しかし、詳細を見てみると

この1ヶ月で新規に事業を始めた事業所が236件あり、反面事業をやめた事業所が250件だったのです。

単に14件減少したという事ではありません。

たまに0件という数値が出る場合もありますが

10件追加され、10件減少しても0件

1,000件追加され、1,000件減少しても0件です。

0件だからと言って変化が無かったという事にはなりません。

この考え方に、電は番号が変更になった、社名が変更された、移転により住所が変わったなどの数値も反映されてきます。

まさに生き物ですね。

日々こうしている間にも増減が発生しています。

この内容が商品説明の「前回調査より」で表示されている数値なのですが、あくまでも全体的な増減の参考にしていただければと思います。

特に注意が必要なのが新規参入が多い割には、撤退数も多い業種です。

表面上の数値には反映されな増減が潜んでいます。

こうしたことからも1年間、住所録データを使い続けるとかなりの数の住所録データに変化が生じている場合もあります。

定期的なデータの更新をお薦めいたします。

私たちはこの定期的な更新がしやすいように、毎月データを更新し、価格も他の事業所と比較してもかなり格安な価格設定を行っております。

少しでも皆様の事業のお役に立てる事を願っております。

 

改善点はまだまだありそうです

さぁ今日から6月ですね。

梅雨時期と思うとちょっと気が重くなってきますが、この梅雨を味方に付けて今の業務改善を進めましょう。

日々のニュースに怒りを覚えることもありますが、いま一喜一憂をしている余裕はありません。

ピンチな状況ほど冷静に、現状分析を実施する時間をしっかりと取りましょう。

問題点を出さずに、そしてその問題点を改善せずに前に進むと必ずや失敗となります。

誰しもが自分の実力不足はそうたやすく認めたくないものです。

よって自分以外の誰かのせいにして、問題から逃げている場合が多くあります。

最近知人から聞いた話では、ある業者に相談をしたところ、「もっとネットの有効活用をしなさい」という助言があったようです。

もちろんその業者はWeb製作会社を紹介してくれたそうです。

Web政策から後々のSEO対策、ネット広告までを一貫している業者だったそうです。

よく考えてみますと言う事で一旦話は終わったようですが、何より無駄なお金をかけずに済んだことは良かったです。

この話はWeb製作会社が悪いとかではなく、最初の事業者の助言に問題があります。

なぜもっとネットの有効活用が必要なのかを説明してあげなかったことです。

ネットの有効活用を進めるという事は、何か問題点があり、それをネット活用で解決出来るという判断で進言したのでは?

それならなぜ「ここに問題がありますよ」という助言が無かったのだろうと考えます。

おおかた誰に相談しようが、ごく一般的な話をしてくれるだけで解決策には繋がらない事が多いです。

やはり、自分が疑問に思い、自分で問題点を洗い出すことが大事です。

それが、「ネット活用で改善」とう結論に達したらそこで業者の選定に進めば良いことですし、もし、知人がネット活用で成功しているならその知人に業者を紹介していただくのがベストと考えます。

私のような「ネット販売」を行っているといろんな事に日々気づかされます。

季節、月の上・中・下旬、曜日、時間帯、天候によって問い合わせや売れる商品、その数などが違ってきます。

これ多くのご商売をされている方が身をもって感じている事であり、統計を取って常に改善をされていることと思います。

おそらく「現状に甘んじています。」という事を言う人はほぼいないとは思いますが、言葉に出さないだけで、甘んじていたり、諦めている方が多いのは事実ではないでしょうか?

今回の「新型コロナウイルス」には多くの事業者が振り回され、「新型コロナウイルス」を理由に本来の業務をきちんと出来ていないところも多いようです。

その反面「新型コロナウイルス」のお陰で業績を伸ばしている事業所もたくさんあります。

やはり問題点をどう改善していくのかを常に考えて、改善を実施している事業者が、この大変な「新型コロナウイルス」に上手く対応していると見えます。

確かに行政の責任に依存することは多々あっても、最終的には事業を行っている自分の判断に委ねられています。

先にも言ったように、誰かのせいにしてその問題から逃げようとしています。

真正面から受け止め、改善していく力をいま養うチャンスでもあります。

どうでしょうか?

今からでも遅くはありません。今自分の事業の問題点は何処なのか、どうしたら改善が出来るのか今日から始めてみませんか。

変異株の怖さは経路を追えないこと

「なぜ?」

「いつ?」

という感染者の声です。

全くどうしていつ、何処で感染したのか分からない。

こうした状況では感染経路を追うことは出来ません。

これが変異株の感染の特徴のようです。

つまり、今までの感染予防対策をもっと強めなければ予防効果が出ないことになります。
勿論感染症の最大の原因は飛沫感染が挙げられます。

よって人と人の接触を無くさない限り無くならないという事です。

でも、人と人との接触をゼロにする事はかなりむずかしいものがあります。

それなら、きちんとマスクをして、極力飛沫の影響を受けないような距離で、短時間で接触を済ませることを考えなければなりません。

まだ十分に解明されていないからこを正しく変異株を怖がる必要があります。

もっと怖いのは感染してしまった場合の重症化と後遺症です。

特に変異株は若者の重症化という点が伝えられていますが、その怖さが若者に伝わっていないように見えます。

一時的な歓楽と命を交換するような事が無いように正しく変異株を怖がって下さい。

「自分は大丈夫」は感染症の場合、一切通じません。

だれもが感染と隣り合わせにいます。

多くの方がしっかりと感染予防を行っていても、変異株は入り込んできています。

今まで以上の感染予防をしっかりと皆で実施していきましょう。

 

今の事業、全国展開出来るのでは?

現在実店舗で営業をされている方で

「全国展開を考えている」という方結構多いのではないですか?

でも、どうやって?

物販であれば一番のネックは「送料」です。

購入者負担とするのか、販売者が負担するのか、それとも互いに一部負担するのか?

この送料は大きく利益率に響いてきます。

次に問題となるのは

どうやって宣伝するのだろうか?

インターネット広告はあまり効果が期待出来ないと聞くし

テレビ、雑誌等の広告は費用がかかりすぎるし

そこで身の丈に合った、無理なく出来る方法があります。

それが「ダイレクトメール」です。

ダイレクトメールは100年以上も続いている宣伝広告の手段で、多くの事業者から支持を受けています。

その最大の理由は「費用対効果に優れている」という事です。

勿論、それぞれの事業者の計画に沿った無理のないダイレクトメール発送ができるので費用負担も自在に調整が出来ます。

なぜ費用対効果に優れているの、届けたい人に届く事は勿論の事ですが、ダイレクトメールを見て、そこからの行動率が高いという事です。

行動率とは?

問い合わせたり、購入したりという事です。

いくらダイレクトメールを出したところで、興味を示して何らかの行動を起こしてく無ければ売上には繋がりません。

その行動率が高いという事は、十分に期待できる広告手段という事です。

それと重要な事は「欲張らない」という事です。

今お店で取り扱っているものを全て売ろうとすると失敗します。

ダイレクトメールを出す場合でも、全ての商品をご紹介するには無理があります。それこそカタログを作る騒ぎになってしまいます。

これなら絶対に注目される商品を数点選び、その商品をアピールする事です。

大事な事は購入者の獲得です。

これが成功すれば、次のお薦めとして二回目、三回目に紹介していけば良いのです。

最初から欲張らないように気を付けましょう。

物販の場合は、必ず商品を送ることが発生しますので、この発送にこの二回目、三回目の商品案内を同封します。

よって、ダイレクトメールの発送費用が省けます。

常々「効率」「効果」を意識しましょう!

こうすることで、誰でも無理をする事無く「全国展開」が出来るようになります。

 

このご時世、ちょっと考えて見てはいかがですか。