スポーツ選手のメンタルを考慮していただきたい

多くの国民が「オリンピックどころではない」と考えているようです。

これはオリンピック開催の良し悪しより、現実として日常の生活が送れていない状況下でスポーツの祭典オリンピックどころではないというのが正直な気持ちでしょう。

政府及びオリンピック関連者は何がかんでも開催としているようですが、オリンピック開催は国民の生活より重要なのでしょうか?

一向に下向きにならない新型コロナ感染者は、長期にわたり私たちを苦しめています。

もはや、これは人災とも言えるのではないでしょうか?

中途半端な対策で、ただ国民生活を悪化させてしまったように感じます。

まったく危機管理が機能していないといっても過言でもない気がします。

さて、話は戻りますが、4年間オリンピックを目指してきた選手のメンタルも1年延期により、出場を断念し引退した選手もでて、それでももう1年頑張ろうと練習に日々努力している選手もいます。

7月に開催予定のオリンピック、どう見ても現状の変異株の脅威のかなでは「無理」としか言えません。

このままずるずると決断出来ないでいると、先のオリンピックモスクワ大会のボイコットが思い出されます。

現JOC会長の山下泰裕氏が参加を訴えたニュースが蘇ります。この時は当時の政府主導の不参加ではなく、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時総会で五輪不参加が決まったと記憶しています。(ある意味責任をなすりつけられた?)

今回も政府は何の責任も取らず、JOCに採決させるつもりなのだろうか?

こうしている間にも、まだ決まっていない代表選手を選ぶ大会は開かれています。

仮に開催となってもどう感染対策をしながら実施するのかも私たちには全く伝わってきません。

それで誰が「安全安心なオリンピック開催」を信じることが出来るでしょうか?

スポーツ選手でない私たちが感じている事と、既に代表として参加資格を得ている選手、これから選ばれようとしている選手方々のメンタルはかなりきついものではないでしょうか?おそらく私たちには理解できないものなのかもしれません。

政府及びJOCの方々で数パーセントでも開催は厳しいと感じている方がいるなら、即刻開催が出来ないという事を選手に伝え、選手が負ったメンタルの痛手を回復できるプログラムを実行する必要があります。

今回のように参加か不参加かの狭間で大きなダメージを受けた経験のある山下JOC会長には率先して舵取りをしていただきたいです。そして英断をお願いしたいです。

個人的には、多くの方に見て頂き、その応援を力に変えて持っている力以上の成績を出せるのがオリンピックでの競技だと思っています。ましてや東京大会となればなおさらそれは強いものだと思います。

無観客という言葉が出始めた時点で、すでにオリンピックは終わっているような気がします。

オリンピック開催を信じて今も練習を行っている選手の方々には大変申し分けないのですが、先に述べたように、今の日本の現状ではオリンピックが開催できる状況ではないことを理解して頂きたいです。多くの方が命を落とし、生活もままならない方がたくさん出ています。

本当にごめんなさい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です