えっ入金確認メール?

20時近くに振込をしたのに、直ぐに「入金確認メール」が届いたと言って驚かれました。
これは2018年10月9日、多くの銀行で「即時入金」が導入されました。

今までは平日8:30~15:30をコアタイムシステムと呼んでいて、平日夜間・休日をモアタイムと言ってこのモアタイムも銀行間の振込を可能としたものです。

銀行間の振込は、全国の金融機関が「全銀システム」を経由して実施されていますが、2018年10月8日迄は平日の8:30~15:30の間しか全銀システムが稼働していませんでした。この稼働時間を24時間に拡張し、平日の昼間以外の夜間や土日祝日でも銀行間の即時入金を実現しました。

これまでは銀行への入金は「平日日中のみ即時入金」だったため、夜や土日祝日に振り込んでも「入金は翌日(月曜)午前中です」と言った表示が出ていたはずです。この制限をなくし、即時に入金が反映されるようにしたのが「モアタイム」と呼ばれています。

でも残念ながら「モアタイムって?」という方がとても多いのも事実です。

ただ「土日でも銀行間で即時入金がされるようになったの知ってる?」と聞くと「聞いたことある」という程度です。

認知度が低い?

というより、振込をする側は何も変化していないのです。

コンビニは24時間やっていてコンビニのATMから振込を行い、パソコンからネットバンクで振り込んだりと振り込む側は何ら都合は変わっていないのです。

ただ変わったのは受け取る側です。

つまり、このモアタイムの良さは、受け取る側が直ぐに受け取れる事です。

よって、受け取った側がスピード感あるサービスを提供出来るようになってきています。
もっとたくさんこのモアタイムが提供してくれる良さはあるのですが、今回は「振込を行うと、受け取る側は直ぐに受け取れるようになった」という事を知って頂きたいと思います。

よって、「入金確認通知」メールは、時間が許す限り出来るようになり、サービスを提供する時間帯も延ばすことが出来ています。

だから22時までの入金確認に対応している業者であれば、22時まで振込を行うと「入金確認メール」が届く事になります。

そしてDMデータ販売を例にとれば、「入金確認通知メール受信後」直ぐに購入した住所録ファイルがダウンロードできると言う事になります。

こうしてECサイトで銀行振込を利用した買い物をする場合に、対応状況を確認すると意外な利用方法も見えてくるかもしれませんね。

興味があったら調べて見てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です