iPhoneの画像が開かないとクレームが

「友達に送ったiPhoneで撮った写真ですが、ファイルが開かないとクレームがありました。」
「どうしたら良いですか?」
という相談が・・・。

現在のiPhoneはカメラで撮った写真をより効率的に圧縮できるHEIFという形式を取っています。
同じiPhoneでならファイルを開くことが出来ますが、Windowsなどで見るには、表示用プラグイン等を使わないとファイルを開くことが出来ません。

iPhoneのカメラ設定で、「フォーマット」を「高効率」から「互換性優先」にする事で、ファイルは一般的なJPEG形式で保存されるようになります。

iPhoneの「設定」から「カメラ」を選択します。

「カメラ」の「フォーマット」から「互換性優先」を選びます。

先を行くAppleなのですが、こうした弊害も生じてきます。

便利なのに不便、高機能なのに不便という現象が出てきています。

周りの環境に合わせる必要があるようですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です