ジャパンネット銀行が「PayPay銀行」へ社名変更

ジャパンネット銀行は日本初のインターネット銀行として誕生して20年になり、2021年4月5日よりPayPay銀行株式会社(英文字:PayPay Bank Corporation)へと社名変更になります。

DMデータ販売においても、住所録データの振込先を「ジャパンネット銀行」を利用させて頂いております。

振込に関連する内容をお知らせ致します。

2021年4月5日以降は、新銀行名でのお振込をご案内致します。

銀行のカタカナ表記は

「ペイペイギンコウ(カ」となります。

尚、2021年7月3日以降は「ジャパンネット銀行」でのお振込が出来なくなりますのでご注意下さい。早目の「PayPay銀行」へと変更を行って下さい。

また、社名変更による「銀行コード」「口座番号」「支店名」「支店番号」の変更はありません。

以上、住所録ご購入でお振込に関連する項目だけを抽出致しました。

正確な情報は、「ジャパンネット銀行」の社名変更についてをご覧下さい。

ジャパンネットの商号変更案内ページ

https://www.japannetbank.co.jp/company/news2020/200915.html

https://www.japannetbank.co.jp/namechange/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です