イマイチ分からない5G!

良く「5G」って聞きますけどどう言うこと?

って方多いようですね。

正式には「第5世代移動通信システム」と言いますが略して「5G」と読んでいます。

今までは第4世代移動通信システム、略して4G(LTE)と呼ばれていましたが、これが「高速かつ大容量」で「低遅延」、「多数同時接続」を実現した「5G」となるという事です。

実際に数値で比較すると

★4G(LTE)
・通信速度:最大1Gbps
・同時接続数:10万台/k㎡
・遅延速度:約10ミリ秒

★5G
・通信速度:最大20Gbps
・同時接続数:100万台/k㎡
・遅延速度:約1ミリ秒

何となく数値でも5Gが優れている事は分かります。

具体的には

1.高速かつ大容量

いままでの4Gでの通信速度は50Mbpsから1Gbpsといわれていました。

5Gでは10~20Gbpsと通信速度が向上します。

おおよそ20倍速くなる?

この高速化によって、4Gで遅いと感じていたダウンロードも早くなり、データ容量の多い4Kや8Kの超高画質動画の通信も可能になってきます。

2.低遅延

4G(LTE)では約10ミリ秒の遅延発生に対して、5Gでは約1ミリ秒の遅延と信頼性の高い通信を可能としています。

信頼性が高まることで、ビデオ通信やライブ中継等、機械の遠隔操作がよりスムーズに行えるようになります。

3.多数同時接続

4G(LTE)から5Gに切り替える事により、通信基地局1台から同時に接続出来る端末を10倍に増やす事ができます。

4G(LTE)では、主に携帯・スマホ、パソコンの通信で使われており、IoTの普及による接続出来る端末数の増加に対応出来ないと言われてきました。

しかし、5Gに切り替える事で携帯・スマホ、パソコン以外の端末も通信する事ができ、IoTの普及を推進すると言われています。

※IoTとは、エアコンやドアの鍵、部屋の照明などにセンサーを付け、環境に応じて制御、または自分が持っているスマホから操作ができたりする事です。

まぁ、何となく便利になりそうだって事は分かっていただけますかね。

問題は、日本における普及及び対応エリアです。

スマホのキャリアでは5G対応機種、対応プランとして先行して販売を行っていますが、実情はどうなのでしょうか?

NTTdocomoは2021年3月末日までに500都市に5G対応通信基地局を設置予定。
以降、6月末日までに1万局、2022年3月末までに2万局を設置予定。さらに2023年度中には4G(LTE)と同じ範囲をカバーする予定。

KDDIとソフトバンクは2021年3月末時点で、5G対応の通信基地局を1万局増やし、さらに1年後に5万局を設置予定としており、人口カバー率90%を目標としています。

この数値はあくまでも目標で予定です。

いずれにしても今後5Gが現在の4G(LTE)が利用可能になるには、2~3年を要す事になりそうです。

それまでに有効なアプリ等私たちの生活になじんで活用できる準備が出来ることを祈りたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です