危機管理能力に疑問

後手後手に回っている新型コロナウイルス感染症拡大のつけがどんどん増加中です。

適切な対応が出来ていれば、感染拡大をもう少し防げたのでは、適切な対応が出来ていれば無駄に税金を使わずに済んだのでは?

まだ終息にいたっていない現状では、何を言っても意味がないのかもしれませんが、余りにも不手際が多すぎる政府の対応には腹立たしさもあります。

全く危機管理が成されていません。

事が起きてからの対応では危機管理がゼロに等しいです。

予測に対する対応を事前に決めておいて、若干の調整はあるにせよ、対応策を粛々とやっていくのが危機管理が有効に果たせている状況かと思います。

でもこの新型コロナウイルス感染症対策に関してはどうでしょうか?

皆さんの目にはどう映っていますか?

見通せとは言いませんが、こう言う状況になったらこう言う対策をというのが何も示されずに、単なる思いつきで事が進んできているように映っています。

感染症の専門家に意見を聞くのも良いですが、「こういう状況になるとは全く予測出来ませんでした。」というなら、専門家の選出からという事にもなりかねません。

最悪の状態を予測し、その状態を回避するための対応策を熟慮し、そしてそのひとつ前の段階、さらにひとつ前の段階と、段階を踏んだ対応策を策定し、事前に公表し、国民全体として対応していく事が最短で終息させる行動ではないでしょうか?

こう書いている段階でも「東京であらたに1500人以上の感染確認、過去最多」というニュースが入ってきています。

国民に協力を求めるなら、しっかりとした指針を示すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です