どんどん増える国の借金

21年度の予算の40%を超える額が国債依存となるようだとか?

どんどん増える国の借金ですが、言い換えれば国民の借金という事になります。

この予算は、いや今までの使い道は本当に国民のためだったのだろうか?

今回のコロナ禍においても、きちんとした対応が出来なかったために本来不要だったお金がどんどん使われてしまったのではないでしょうか?

「安倍のマスク」もそのひとつで、Go Toに係わるキャンセルの負担金なども上げられるのだろうと思います。

もっときちんとした対応が出来ていれば出さなくてもすんだお金では?

国民の生活の向上、国民の安全の向上等に繋がるのであれば誰も文句を言わないと思いますが、政府の舵取り失敗で発生した損失や、もともと必要性が低い使い道においては再考を促したいところです。

おそらく誰が舵取りをやっても今後の日本は大きくは変化しないのかな?という諦めさえ感じるのですが、だとしたら、これ以上ひどくならないようにしていただきたいというのが最近とても感じます。

国民1人1人が満足がいく事は無いのかもしれませんが、先に述べたように安全に少しでも生活が向上できる環境を整えて頂きたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です