どうしよう年末年始の過ごし方

一向に少なくならない新型コロナウイルス感染者数ですが、やはり年末年始は巣ごもりとなるのでしょうか?

それなら提案があります。

このコロナ禍で注目を集めている「ダイレクトメール」ですが、その多くはネットショップ開設者のダイレクトメール発送です。

その理由は、ネット検索に頼るより、確実に伝える事が出来るダイレクトメールが確実な売上に繋がるという事です。

それなら、この巣ごもりの期間に、まずは誰に届けるかを決めて、その住所録データを手にしてはどうでしょうか。

もちろん、その住所録データは新鮮(新しく)で、安価に手に入ることが効果を得る秘訣です。

もちろんDMデータ販売が最新データを1件1円でご提供中です。

住所録データを手にしたら、次はダイレクトメールの内容ですね。

でも、そんなに凝ったものを作る必要はありません。

シンプルに、伝えたいことをきちんと伝えられる内容で十分です。

あまり格好ばかりに気を取られてしまうと、内容が薄くなったり、伝わらなくなったりします。

一番大事な内容は、届いた方への「特別」です。

この特別感は、購買に大きく影響を与えます。

その特別はダイレクトメールを誰に出すか?

どんな内容にするかで決まっています。

独自の「特別」をじっくりと考えて下さい。

新型コロナウイルス感染に負けないで事業を進めるために、この年末年始の巣ごもりを有効に活用するかどうかで、来年の仕事の成功が決まってきます。

さぁ、準備を始めましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です