急成長のテレワーク

このコロナ禍で急成長した「テレワーク」ですが、まだまだ手探り状態と言ったところでしょうか。

では何となく「テレワーク」という言葉を使っていますが、この「テレワーク」とは正確にはどういう事なのでしょうか?

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方と定義されているようです。

もっと分かりやすく言うと、インターネットなどを利用することで、本来勤務する場所から離れ、自宅などで仕事をする事です。

在宅勤務やモバイルワーク、近年注目されていたサテライトオフィスなどもテレワークに含まれてきます。

ただ、このテレワークも通信手段を使う事で、セキュリティが心配されるところです。

そこへ着目したクラウドサービスを提供する事業者も増加しつつありますが、なんとか自社での構築を試みている事業者もあります。

また、テレワーク環境を快適にする商品やツールなどたくさんの商品も開発され、手探りの中でも、着実に日常化に向かっているような気がします。

皆さんの会社ではこのコロナ禍だけではなく、今後予想される「育児」や「介護」と言った問題も、このテレワークを充実させていくことで何らかの手助けにもなってくるのではないでしょうか?

今後のテレワークの発展、充実に期待したいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です