テレビを見なくなった理由

テレビを見なくなった理由はいくつかります。

まず、ニュースの質が落ちたこと。
単に発生した事件や事故等をいつ、どこで、何が起きたかで良いのが、その内容にいろいろな情報が付加されてきた。
その余計な情報に伝える側の悪意を感じることが出てきたこと。

ワイドショーの内容が時事問題も芸能問題も、興味をそそり視聴率を上げるという事に力を入れすぎ、攻撃的であること。その反面、真面目な問題であっても笑いを取る行動を平気で取り入れていること。

ドラマの質が低下している事、こはれテレビ離れが進み予算的な問題なのかもしれません。スケールの小さいこじんまりとした、特に興味をそそられる内容がなくなっていること。

クイズ番組でも、目新しさが無く、持ち回りでの出題をしているのでは?と思うほど、同じ内容の問題が出題されていること。

特にNHKを見ない理由は、国民から受信料をとり、自分たちの私服を肥やすばかりで、国民に還元することは全く考えていないところがひどすぎます。不要な施設、不要な人材、不要な番組、ただ時間を埋めるための番組製作。

さらには本来教育等に活用したい内容のDVD等を、教育団体に購入させ利益を手いることには驚きです。国民の受信料で作成した番組を、教育のために利用する媒体を有償で販売するなんて公益な団体のする事だろうか?

最近ももっと物騒な話題まで出てきていて、いっそ民営化をするべきでは無いだろうか?
どんな事件・事故が発生してもNHKだけでしか得られない情報は皆無で、他の民放の努力をNHKも同一の立場で行うべきです。

結局、あまりにも放送局も多く、無料だろうが有料だろうが、時間割を見ながら放送される時間帯に合わせて番組を見る時代ではなくなってきているというところが最大の理由です。

現在では、ネットで「見逃し放送」などもあり、自分が見たいときに視聴出来る無料サービスも充実してきてその努力には頭が下がりますが、なかなかその環境になじめないのか、興味が無いのか視聴する気にならないというのが正直な気持ちです。

ただ映画には興味があり、映画館、DVD、配信サービスは利用します。

文化を創造していくとは時代と共に形が変わっていくとは思いますが、制作側の意図だけで番組が視聴者が望まない方向に進んで言ってるのが気になります。

それそろテレビ業界の淘汰される時期にさしかかっているのかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です