感染症が拡大したときの準備は出来ている?

新型コロナウイルス感染が騒ぎ出されたときに一番の注目を集めたのが「マスク不足」です。

この問題は解消したのでしょうか?

ほぼ輸入に頼っていたマスクの輸入先は、この新型コロナウイルス感染が拡大した中国でした。

当然ながら第一優先で中国国内分として確保され、日本には入荷しない状況となりました。

一旦中国での供給が落ち着くと、欧米諸国へと輸出され、やはり日本には若干数だけしか入ってきませんでした。

そのほか、中国に依存していた多くの製品がストップしてしまいました。

私たちの生活で重要な物の自給率を上げよう、国産化しようという当時の話は、今どこに行ってしまったのでしょうか?

喉元過ぎてしまえば、無かったことになってしまうのでしょうか?

それでは国としての国民を守る責任、危機管理がなっていないことになります。

感染症が世界的に広がれば、多くの国々での生産が止まり、輸入に依存していた国々は直ぐに危機に陥ります。

日本は正に例外ではなく、多くのものが輸入に頼っています。

その中で、私たちの命に関わる物は何で、国産へのシフトが急務とされる物が何で、いつ国民の命を守る、生活を守るための生産が可能となるのでしょうか?

今までもパソコンの部品を生産する国で、火災が発生し部品が入ってこないためパソコンの組立や、部品が高騰したということもたびたびありました。

この場合直ぐに私たちの命に直ぐに直結するわけではないのですが、一部の人に取っては命の危機にさらされる原因となるやもしれません。

先を見据えた、国民を守る政治に期待したいものです。

そして私たちも今回経験した事をきちんと整理し、今後新たに発生するであろう感染症にも対応しうる知識を蓄えておくことは重要な事です。

全ての人々が同じ環境下に追いやられたら、悲しいことですが、最終的には自分で自分の命を守る事しか方法はありません。

今、出来る事は、今、準備しておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です