資源の共有

コロナ禍で注目されている観光、飲食業界の他、たくさんの苦しんでいる事業所があります。あまりニュースにもなる事も無く、必死にこの危機を乗り越えようとしています。

そいう事業所も何とか工夫しながらも生き延びようとしていますが、そこで注目なのが「資源の共有」です。

今まではあまり語られなかった人材の共有、顧客の共有といった、それぞれが持つ資源を互いに共有して生き延びようという事です。

社員が辞めてしまった。

顧客が減少した。

それぞれを補うための資源の共有です。

同業者同士の資源の共有もあれば、全くの異業種での資源の共有もあります。

せっかく請け負える仕事が、従業員不足で断らなければならない。

そんなとき人材の共有が出来たらどうでしょうか?

仕事を断らずに利益も確保出来て、顧客もつなぎ止めることが出来ます。

これは顧客の共有も同様に

今までも経験があったかと思いますが、本業ではない事が話題になり、「知り合いがいれば売上に繋がるのになぁ。」という口惜しさ。

互いが資源を共有することで、ひとつの事業所が百貨店のように活動できる事業展開が出来ます。

お客さんもコロナ禍で、いろいろと聞いて廻らなくても、見て廻らなくても希望が叶えられます。

もちろん密を避けた取引方法も重要なポイントとなってきます。

このシステムは今後の高齢化社会にも通用することです。

いま、そのシステムを構築するチャンスです。

安全に宣伝広告を行い、安全に受注・発注・サポートを行えるシステムです。

安全に宣伝広告は、ダイレクトメールを活用した個々に確実に伝える事ができる事が重要で、経費を最小限の押さえる事が出来ます。

受注・発注はもちろん今までの資源であるホームページ等を一部変更してでも活用する事です。

サポートにおいても、電話・FAX・メール、そしてリモートで対面での実施も可能です。

こんな次世代の安心・安全なシステムにチャレンジして見てはどうでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です